9月 2006

埼玉県小川町のNPOふうどの新発酵槽(2006年9月)

埼玉県小川町のNPOふうどの新発酵槽(2006年9月)

かれこれ4度目になりましたが、NPOふうどの取り組みは見に行くたびに勉強になります。今回は、私自身も出資した新発酵槽の見学と、新発酵槽を軸とした地域資源循環構築のための仕組み作りのワークショップ(勉強会か)を行いに行きました。

旧プラントの概観。いかにも手作りといった感じですが、液肥もメタンガスも順調に生産し続けました。05年11月、新プラント建設決定に伴い、解体されています。

新発酵槽の内観。まだメタンガス用のバッグが設置されていないので、けっこう空間が空いています。コンクリートの上部ラインが地表面と同じ高さとなっています。生ゴミの投入がしやすいように半地下式となっています。

投入口部分で粗粉砕して、そのあと写ってはいませんが写真左手にある微粉砕器(マスクローダー)にかけてから、発酵槽に入れられます。人間の口に入れられるものなら原則なんでも分解できますが、繊維が長いもの、トウモロコシの皮などは微粉砕しても繊維が残り、発酵しきれなく、故障の原因のなるようです。

発酵槽。ゴム製の袋です。最初に大量の水(13トン)を投入し、膨らませてから生ゴミを投入することになります。

発酵槽を覆う建物は地元の杉の間伐材を使用して作られたものです。屋根には、別途ファンドを組んで、太陽光電池がのっています。その電気を用いて粉砕器等が動きますし、余った電気は東京電力に売電されます。

建物周辺に樋から流れてくる雨水をためるための雨水タンクがいくつも設置されています。この発酵槽は単独で機能するようにデザインされているため、発酵槽自体に入れる水(循環水)や発酵槽の下に流れる温水などはここから供給されます。

 

沖縄県国頭村での現地調査風景(2006年9月)

沖縄県国頭村での現地調査風景(2006年9月)

沖縄本島の最北端のマチ、国頭村で入会権と共同店の調査におもむきました。初の沖縄入り、加えて台風が接近してくるなど、かなり刺激的な第一回目の調査でした。

那覇の新都心からレンタカーを借りて現地に向かう。途中、名護市までは高速道路に乗って移動したのですが、道路沿いの琉球松はほとんど立ち枯れ状態。国頭村を含め一部の地域は対策がとられ、松枯れは起きていないそうですが、名護市まではかなりひどかった。

三枚肉がのった沖縄そば(500円)。名護市でも有名な店(「宮里そば」)のようで、けっこう混雑していました。

本島最北端の岬。取り立てて何もなかったですが、写真の右側真ん中当たりに「ヤンバルクイナの像」というちょっと恐ろしげな?像が建っているのが気になるぐらいでした。

今回は共同店についてはほとんど調査はしませんでしたが、これが去年100周年を迎えた奥共同店。沖縄で初めてできた共同店です。元々あった場所は、写真左手の奥で、ちょっと道路から離れています。ちょっとしたコンビニ的な品揃えで、収益を区で分配するなど地域自治の中核的な施設です。

道路のあちこちに立っている「ヤンバルクイナ注意」の標識。夕方、けっこう車を走らせましたが、今回は目にすることはできませんでした。

国頭村楚洲に立てられた風力発電設備(1,800kW*2基、沖縄新エネ開発)。何もないところに急に現れるので、けっこうビックリします。

今回、宿泊した民宿海山木(みやぎ)の食事をする建物。一泊2食付き5,000円でたいおう贅沢な食事が出てきます。泡盛が好きでここに泊まる人は、久米仙(30度)一升ビンを必ず持って行きましょう。民家の屋根は、琉球竹。今やとても高く、なかなか採れないので、吹き替えが大変だそうです。

村が処分場を建設しようとした場所。仮処分申請中に強制的に立ち木を伐採したので大きな木はないですが、すでに植物が繁茂。ある意味、5年経った今、原状回復しています。谷底が埋立地、山の上にリサイクルセンターを建設予定だったそうです。

本島は台風の直撃は免れましたが、海は大時化でした。沖縄の車は、まめに洗車しないとすぐにさびてくるのがよくわかります。