10月 2007

寺家ふるさと村(07年度)の農業実習㈪

寺家ふるさと村(07年度)の農業実習(2)

フィールドトリップ・インデックス  2006年度の農業実習

2007年10月:稲刈り

今年度の農作業は雨にたたられ続け、稲刈りを予定していた日に台風が関東に近づき中止。仕方なく、予備日に稲刈りをしました。台風が接近したにもかかわらず、稲はしっかり踏ん張り、ほとんど倒れていませんでした。肥料を与えていないため、しっかり根を張っているからでしょう。昨年度よりも、収量はかなり多く、3枚で2俵強はありそうです。やっぱり谷津田には、コシヒカリはあわないですね。

すでに周りの田んぼは稲刈りが終わっています。今時、晩稲の稲を植える人はほとんどいません。本日、刈り取る3枚の田んぼです。

のこぎり鎌で稲を刈り取りながら、去年の稲わらで束ねていきます。要領を覚えれば簡単な作業ですが、田んぼも台風の影響でぬかるんでいることもあり、普段使わない筋肉を使うので、けっこう大変です。

里山の竹で作られた「はざ」。今年は豊作で稲に米がたくさんついているので、しっかり作らないといけません。金属製とは違い、たまに竹がおれることもあるそうです。

はざかけ終了。3週間後には新米を食べることが出来るでしょう。

 

フィールドトリップ・インデックスへ