8月 2004

イギリスとアイルランドのコモンオープンスペースを見る(2004年8月)

イギリスとアイルランドのコモンオープンスペースを見る(2004年8月)

2004年8月3日から18日にかけて、イングランドスコットランドマン島アイルランドのコモン、オープンスペース、地域貨幣などの調査をしました。

8月4日→

ロンドンからエディンバラに向かう列車の中から。おそらく火力発電所のクーリングタワー。

ヨーク駅。歴史ある駅舎は非常に良い雰囲気を醸し出している

エディンバラ駅。ここで乗り換えて、本日の宿泊地グラスゴーへ向かう。

グラスゴーからスカイ島(Isle of Skye)へバスで向かう。景色はとても美しい。途中「グレンコーの虐殺」があった峠を通った。

観光名所ドーニエのEileen Donan Castle。バスから眺めただけだった。

スカイ島の中心地ポートリーのバスターミナル。猛暑の日本とは違い、快適な気候。

ポートリー市街地から最も近いフットパスの道標。民間団体が作っている。ゲール語です。

8月5日→

フットパスを歩き、丘の上から見た光景。サーモンと思われる養殖用の囲い

非常に美しい牧草地。牛が悠々と草をはんでいます。

スカイ島中に繁茂し、問題となっているブラッケン。乾燥させると良く燃えます。

8月6日→

私有地と共有牧草地の境。上部が共有牧草地。

19世紀に行われた植林。山には現在、まばらにしか木がありません。

スカイ島、いや世界的にも有名な蒸留所タリスカー。とってもおいしいスコッチです。

スカイ島のクロフター(借地農)の復元された住居。予約をすれば泊まることもできます

ハイランド清掃で追い出されたクロフターの住居跡

8月7日→

社会問題化しているスカイブリッジのゲート。ほんの数百メートルの橋なのにとても高額な料金

スカイ島からインヴァネス経由でロンドンに戻るところ。インヴァネス市街とネス川。

8月8日→

この日から、ロンドンエリアの調査開始。ホテル近くの囲い込まれた私庭園。

自治法人ロンドンが管理するオープンスペースの一つ、ハイゲートウッドの入り口

ハイゲートウッド内の小道。オークなどの木に囲まれ、快適な散歩やジョギングができる。

ハイゲートウッド内のプレイグランド。ロンドン中心部から非常に近いので、利用者も多い感じ。

ハイゲートから徒歩で行けるオープンスペース、ケンウッド。上半身裸で昼寝する人、人、人。

ハムステッドヒースのパーラントヒルからの眺望。ロンドン中心部が一望できる。

ハムステッドヒースにあったポラード式の萌芽更新。

イギリスとアイルランドのコモンオープンスペースを見る(2004年8月)

イギリスとアイルランドのコモンオープンスペースを見る(2004年8月)

8月9日→

ロンドンから列車で約2時間。広大なオープンスペースであるニューフォレストの光景。この日は雨だった

放牧されている牛などが出て行かないようにゲートがある。管理はフォレストリーコミッション。

8月10日→

バッキンガム宮殿から始まるThe Mall。ボストンにも同じ名前の通りがある。どちらが先?

BOE本店。付属の資料館は日銀と比べてとても充実していました

ロンドン近郊のウィンブルドンコモンの入り口付近。遊歩道(Public Footpath)の道標です。

遊歩道のはじまり。自転車も走ってはいけません

ウィンブルドンコモン内を散策。ぼんやり歩いているとすぐに迷子になります。

ウィンブルドンコモンにはゴルフ場もあります。

8月3日から10日までの、スカイ島およびロンドンのコモン、オープンスペースについては、2005年3月発行の『専修経済学論集』(泉留維三俣学室田武著)にて詳細を報告しています。ご興味のある方はこちらにご連絡ください。抜き刷りを郵送します。

イギリスとアイルランドのコモンオープンスペースを見る(2004年8月)

イギリスとアイルランドのコモンオープンスペースを見る(2004年8月)

8月11日→

ロンドンから飛行機でマン島の中心地ダグラスに入る。海辺のプロムナードはとても美しい。

マン島銀行本店。20世紀中頃までは独自の銀行券を発券していた。現在は、島政府が発券

マン島は英国王室直轄属領。UKには属さず、内政に関しては独自の道を行く。これは裁判所

マン島博物館。付属の図書館は地元の資料が豊富。とてもお世話になりました

8月12日→

マン

ダグラスから蒸気機関車に乗り、キャッスルタウンに移動。地元の会社が運営し、夏季限定。

キャッスルタウンにある中世の城。以前はマン島の首都であった場所

城の頂上から見たキャッスルタウンの風景

8月13日→

世界最古の議会といわれるティンヴァルトの跡地。約1,000年前の歴史がある。

ダグラスとは反対側の町ピールの教会跡。ここのエリアでは野外でも飲酒が可とあった。なぜ?

ピールの小さな漁港。マン島名物ニシンの薫製(キッパー)の工場が散在。キッパーでビールを一杯。

8月14日→

朝一の飛行機でアイルランドダブリン入り。とてもおいしいギネスビールの本社工場が見える

ダブリンの町中にあったゴミ箱。ガラスは色別に収集するようだ

セントパトリック公園の注意書き。アルコールだめ、ドラッグだめ、ボールゲームだめ等々の禁止事項の羅列

8月15日→

ダブリン市街にある巨大な公園フェニックスパーク。あまりにも広大な都市公園で徒歩ですべてを見るのは困難

フェニックスパークの中央通り。せっかくの緑豊かな公園なのに、中央に車道を設けるのはとても疑問。

8月16日→

電車がうまくとれず、やっとこの日からアイルランド西部の島スカイ島に向かう。まずウエストポートまで移動する

ウエストポートの町並み。ここからバスでスカイ島に入ります

ウエストポートでの昼食。毎回こんなものです。ビールはおいしい。キルケニー(KILKENNY)がよかった

夕方にやっとアキル島に入る。日が沈むのは9時頃なのでまだまだ明るい。泊まったB&B近くの丘

細長い土地で羊を放している。両隣の土地はおそらく休ませているのだろう。見たことがない草が繁茂。

8月17日→

宿泊したB&Bのアイリッシュブレックファースト。とてもヘビー。この日からコモネージなどの調査開始。

アキルサウンド付近のピート(泥炭)採掘跡。地面を掘ればピート

アキルサウンドの隣の集落キャセールの小川の水。ピート採掘跡に溜まり、あふれた水が流れ込んでいると思われる。おそらく強酸性。生物は見られず。

同じくアキルサウンド付近のピート採掘跡。雨水が溜まり、その水にピートがしみ出している

キャセールで牧草を運んでいるところを見ました

キャセールから海岸沿いを見た風景。かなり潮が引いた状態です。

ピートの山。こういう山がそこら中にあります。乾燥させ、その後袋詰めにして保管します

袋詰めされたピート。今でも家庭用燃料としても用いられています

キャセール近郊の丘からアキルサウンド方面を見下ろす。