江部乙丘陵地フットパス

山の辺コース:高速江部乙バス停留場

北海道滝川市江部乙町の丘陵地はリンゴやナタネの栽培が盛んで、特に5月に開花する菜の花の景色は一見の価値があります。このような四季折々に見せる素晴らしい景観や開拓の時代を静かに物語る歴史の遺産などをつないで整備されたのが江部乙丘陵地フットパスです。地元の農家出身の方たちが中心になり設立された市民団体である江部乙丘陵地のファンクラブが、フットパスの運営に携わっています。公式コースとしては、山の辺コース(高速江部乙バス停留場発着、9km)、里山コース(道の駅たきかわ発着、8km)、丘の辺コース(道の駅たきかわ発着、8km)の3コースがあります。ただ、ナタネは3~5年輪作が必要なため、毎年畑もコースも微妙に変わります。(2012年7月訪問)


ホームページ http://ebeotsu-fanclub.jimdo.com/

 

山の辺コース:遊山荘
山の辺コース:菜の花畑跡
山の辺コース:高速江部乙バス停留場
 山の辺コース:りんご園