泉留維研究室

財産区悉皆調査の結果などについて(2011年9月29日)

文部科学省の科学研究費補助金・特定領域研究『持続可能な発展の重層的環境ガバナンス』(領域代表者:植田和弘・京都大学大学院教授)の「グローバル時代のローカル・コモンズの管理」班(研究代表者:室田武・同志社大学教授)の一事業として実施されていた財産区悉皆調査(実施責任者:泉留維・専修大学准教授)ですが、2008年3月31日付けで結果をとりまとめた報告書を発行し、その後データの点検や内容の充実を図り、2011年8月3日付で『コモンズと地方自治:財産区の過去・現在・未来』という本を発刊しました。これもひとえに自治体関係者の皆様のご協力の結果であり、関係各位には厚く御礼申し上げます。

 

調査結果の概要

対 象:全市区町村(1827自治体:1804市町村、23特別区)

方 法:質問紙郵送方式(2007年3月1日付送付)

質 問:2007年(平成19)年3月31日時点での財産区の状況など

@回答自治体数:1,795(98.3%)
A財産区保有自治体数:442(24.2%)
B設置されている財産区数:3,704
C平成の大合併期間に解散した財産区数:56
D平成の大合併期間に新設された財産区数:55
E平成の大合併期間に合併した財産区数:2

 

報告書のダウンロード

『財産区悉皆調査報告書:ローカル・コモンズとしての財産区』(PDF・1.8MB)

「資料編V章 財産区一覧」(エクセル・532KB)>

☆運営中の財産区(平成19年3月末時点)については、ここで詳細なデータベース検索を行うことができます。

なお、報告書のデータ等にミスが見つかっていますので、可能でしたら、下記の著書をお読みいただければ幸いです。

 

『コモンズと地方自治』について

著 者:泉 留維, 齋藤 暖生, 浅井 美香, 山下 詠子

出版社:日本林業調査会

価 格:2500円

目次などの詳細については、日本林業調査会のHPをご参照ください。